海猫屋メイン
全商品リスト ご注文ガイド お問い合わせ

MENU
書籍

おもちゃ・教材など
パズル・ゲーム・手品
おもしろ文具
科学工房〈げんしじん〉
原子分子模型グッズ
分子模型(YYS原子ブロック)
湯沢先生の「ビー玉スターリングエンジン」製作キット
湯沢先生の「ビー玉スターリングエンジン」全景
改良版ができました!
撮影:湯沢光男
試験管が上下に繰り返して動き続ける 簡易アルコールランプ
簡易アルコールランプの作り方
空き缶はアルミ缶(2つ)を,底から5cmぐらいでハサミで切ります。下の部分2つを重ねて使います。先のとがっているハサミをブスッとさして,切っていきます。孔は+のドライバーを刺して開けます。孔の大きさはひもが通るくらい。適当です。ひもは直径6mmです。外に出すひもの長さは1cmくらいです。アルコールは半分くらい入れます。火はペットボトルのフタで消します。
アルコールランプで温めると試験管が上下に動きつづける
「スターリング・エンジン」は,スコットランドの牧師ロバート・スターリングによって1816年に発明されたエンジンです。そのしくみを一言でいえば,「熱空気エンジン」と言えるでしょう。〈熱せられた空気(気体)は膨張し,冷やされた空気(気体)は収縮する〉とう原理で動くエンジンです。
その〈スターリングエンジンの原理〉がもっともよくわかるように開発されたのが,「ビー玉スターリングエンジン」です。それを湯沢光男先生(『原子と原子が出会うとき』『コマの力学』仮説社刊の著者。板倉聖宣さんと共著)が,だれでも作れるように改良し実験セットにしました(火を使いますので,お子様が作られる場合は,必ず大人が同伴してください)。
製作に必要な道具は,ドライバーと木工用ボンドだけです(アルコールランプを自作する場合は,燃料用アルコールを薬局やホームセンターで入手してください。そのほか空き缶2つが必要です)。

キット内容:底板,支柱,中板,試験管,注射器,ゴム栓,ガラス管,シリコン管,厚紙蝶番,ビー玉,輪ゴム,グリセリン,綿ひも,ナット,木ねじ,固形燃料,説明書。

ピストン部分が改良されました
湯沢先生の「静電気チェッカー」製作キット
湯沢先生の「ビー玉スターリングエンジン」製作キット
3240円(本体3000円) (消費税込・送料別)
湯沢先生の「静電気チェッカー」製作キット

ご注文方法などはこちらをご覧下さい。
お問い合わせ,ご感想などもお気軽にどうぞ。